ふとんに関するお役立ち情報

ふとんに関するお役立ち情報

間違ったケアが寝具の機能低下に?

睡眠中の汗の量がどのくらいかご存知ですか?

だいたいコップ一杯分もの量と言われています。

その汗がふとんの生地や中綿に染み込んで、ダニやカビが発生しやすい環境となるのです。

そうなると天日干しなどのケアをお考えの方が多いかと思いますが…

これが意外な盲点なんです。

天気が良いと、布団を干しますよね。どうせなら一日中干しておこうと夕方までそのままにしておくと、せっかく昼間に乾燥してふかふかになった布団に、夕方の湿気が入り込んでしまうのです。
夕方以降は湿度が高くなる為です。

このまま寝てしまうと、睡眠中に体温でムレて夜中に目が覚める原因となってしまうのです。

天日干しした布団は夕方前に取り込んでおきましょう。

一覧に戻る

▲ページトップへ